お金を借りる

お金を借りるには当然のことながら普通は利息が発生します

また、利息がかからないのであれば精神的利息が発生します
どちらにしても、あなたの人間性、信用問題です
お金に余裕ができたら繰り上げ返済(早めの返済)をするようにしましょう。

また個人間の貸し借りは借用書の問題(書き方)や取り立ての仕方など
一般の方にはちょっとハードルが高いものがあります、借用書は法的には金銭消費貸借契約書と言い、最低限記載しなくてはいけない内容があります。
場合によっては公正証書を組まないといけないでしょう。
しかし、個人間で借用書を書いてもらうというのは
なかなか難しい部分もあると思います。
人間関係を壊さないためにも個人間の貸し借りは避けましょう。
また、やむを得ず個人間で貸し借りを行った場合に相手が返してくれなければ、泣き寝入りをするか、強硬策に出るしかありません。とはいうものの、取り立てに関してもやっていいことといけないことがありますので注意が必要です。
どうしても取り立てたい場合にはこのサイトにも取り立て方法が記載してありますが、あくまでも最終手段です。話し合いで和解するのが一番です。
また、いくら書類があっても相手に財産がなければ強制執行など無意味どころかあなたの時間とお金を無駄にするだけです。お金を貸す時は返ってこない前提と考えたほうがよいでしょう。

また、国や役所からもお金は借りることは出来ますので
安い利息で負担のない利用を心がけましょう。

国からお金を借りる場合にも最低限の審査みたいなものはありますが、消費者金融などの金融機関に比べるとはるかに楽(通りやすい)ですし、無職であってもお金を借りることは出来ます。
ただし、当然返済しなくてはいけませんので、返済計画を立ててから融資を受けましょう。

クレジットカードでお金を借りる場合などは返済日、利息を理解したうえで借りましょう。ショッピングとキャッシングでは利息が違うので、お得な方法を選んで有効活用しましょう。

消費者金融でお金を借りることは以前では利息も高かったのですが、今は銀行傘下となって利息がかなり安いところや期間限定で無利息などのサービスもあるので、利用条件を理解し、うまく使いましょう。

お金を借りるサイトに記載の利息制限法など各種法律、規制などはページ作成時のものです

経済状況などにより法律、規制は変化いたしますので最新の情報を各自ご確認の上

ご融資などを受けるようお願いいたします。

金融機関と起きたトラブルなどについては当サイトは責任を負いかねますのでご了承ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする