消費者金融とクレジットの違い

クレジットカードと消費者金融の違いを知ろう
金融機関 詳細
消費者金融
実質年率15~18%程度。融資限度額が大きい。全国の都市銀行のATMも利用できる。銀行提携も増え昔のイメージとは変わってきている。
銀行
実質年率8~18%程度と低いが、融資限度額はさほど大きくない。年収や勤続年数などの審査基準は他より厳しい。
クレジット
実質年率15~28.8%程度。利用できるATM、CDの台数も多い。消費者金融に比べると審査基準が厳しく、手続きも面倒だがカードによっては上限金額が無制限などがある。

キャッシングとは、一般的には現金自動支払機による融資という定義となっていますが、

一口に「キャッシング」と言っても、銀行から街金融までさまざまな借入先があります。

キャッシングは、原則的に「無担保」となっており、 借りる人の信用力によって融資額が決定されます。

本人確認をした後、審査が行われ、振込みなどの方法により融資が行われるという流れと

なりますが、希望していた金額の融資が得られないということもあります。

以前は店頭審査のみのところが多かったのですが、近年では、無人申し込み機の登場や、

インターネット、携帯電話などの普及により、オンラインキャッシング、インターネットキャッシングなども可能となりました。

スキミングなどの危険を知ろう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする